Japanese/English
タイトル
ライン
社長挨拶

わが社は1985年に国際航空貨物総販売代理店(GSA)を創業しております。日本で初めて航空貨物のGSAとしてエアラインと契約し、日本発航空貨物の窓口として重要な役割を担ってまいり、今日まで実績を築きあげてきました。
パン・アメリカン航空(通称パンナム)から始まり、ヴァージンアトランティック航空、UPS、日本エアシステム(現JAL)、エアカナダ、デルタ航空等国際的なエアラインと専属契約し、輸出立国の日本経済をかげながら支えてきました。グローバル化と航空機開発の日進月歩によって航空産業は複雑な姿に変化してきました。航空機の大型化による貨物スペース増大、LCCの出現、新興国のエアラインの躍進、長引く円高による産業の空洞化等によって、国際航空貨物事業も大きな時代の波に影響を受けてきました。私たちは長年の国際航空貨物のGSAでの実績により、約100社以上のフォワーダー様との深い信頼関係を築きあげ、更にそのリレーションを深めるため、貿易事務の教育及び派遣事業を2011年から開始しました。おかげさまで、取引先は25社以上、派遣スタッフは50名以上と実績を積み上げてきています。優秀な人材のみを採用し、貿易事務を基礎から教え込み、人材の知識・実務レベルをアップし クライアントにご提供しています。貿易事務は高い精度とサービスの品質、スピードを要求されます。私たちは貿易事務業務の人材の資質に注目し、現場を見せ、きめ細かい実践的な教育指導を行っています。今後、日本はTPP等更に厳しいグローバル競争に巻き込まれ、スピードと大胆なサービスを要求されると思います。
そのような厳しい時代にこそ人材が「人財」となって更に重要になると考えています。サービスの基本は「人財」の確保と教育です。私たちは航空貨物のGSA業、貿易事務の教育、派遣事業を通して成熟した日本社会にこれからも貢献していき、業界の草分けとしての使命を果たしていく所存です。

社名

代表取締役社長 佐藤慎司